記帳代行de確定申告.com 群馬県太田市の税理士

フリーダイヤル メールでのお問合せは24時間受付中です。

記帳代行サービスに関連するよくある質問

記帳代行de確定申告.comは、面倒な日々の帳簿作成から決算時の確定申告まで代行する群馬県太田市の会計事務所です。

 

ここでは、記帳代行・経理代行に関連するよくある質問をQ&A形式でまとめてみました。

 

不明点・わからない点などがありましたら参考にしてください。

記帳代行の契約・料金について

Q.基本サービスについて教えてください。

 

A.お客さまからお送りいただいた伝票や領収書を毎月記帳、集計し月次決算資料・経理帳簿を作成します。

 

それをもとに、専門スタッフからの電話による報告・アドバイス等をさせていただくところまでが、記帳代行の基本サービスとなっております。

 

また決算時には、決算整理を行い、それまでにお預りした書類などもファイリングしてお返し致します。

 

Q.契約時に必要な書類は何ですか?

 

A.以前に確定申告をしたことがある方については、前年度の申告書・決算書・総勘定元帳等、今までの記帳処理が把握できる書類をご用意いただきます。

 

また、新規開業のお客様については、電話による打合わせの際に必要な書類をご説明させていただきます。

 

いずれにしましても、毎月郵送いただく書類については、お電話にてわかりやすくご説明いたしますのでご安心ください。

 

Q.郵送費用の負担はどうなりますか?

 

A.原則としてお客様から当社に郵送していただく場合の送料は、お客様の負担になります。当社から郵送する場合の送料は、当社の負担とさせていただきます。

 

Q.解約したい場合の手続を教えてください。

 

A.お申し出を頂いた月の翌月から解約となりますので、解約をご希望の際は、1ヶ月前までに当社にご連絡ください。

 

Q.料金の支払方法は?

 

A.記帳代行料金のお支払については、当社で入力処理した月次試算表を郵送により、お客様に納品する際、請求書を同封させていただきますので、当社の指定口座にご入金ください。

 

Q.記帳代行の料金はいくらですか?

 

A.記帳代行料金をご覧ください。なお、記帳代行料金は月あたりの平均仕訳数を基準に算定されます。

 

Q.決算期が近いのですが、記帳代行の依頼はできますか?

 

A.決算月から3ヶ月以上前でしたら、ご利用いただけます。決算月から2ヶ月以内の場合は、期中までの処理を考慮し判断させていただきますのでご相談ください。

よくある質問 毎月の記帳代行サービスについて

Q.毎月の資料は何を郵送すればよいのですか?

 

A.会計帳簿作成に必要な、通帳のコピー・領収証・請求書等の資料を郵送していただきます。

 

なお、写真のように日付順に整理せずバラバラの状態で郵送いただいても大丈夫です。

 

毎月必要な資料につきましては、事前にお電話にて詳しくご説明いたしますのでご安心ください。

 

Q.資料を郵送してからどれくらいの期間で帳簿(月次試算表)ができあがりますか?

 

A.必要な資料を郵送いただいてから原則10日以内に、月次試算表を作成いたします。

 

ですので、例えば7月の資料を8月10日に郵送いただければ、8月20日頃に月次試算表を納品いたします。

 

Q.領収書の整理が面倒なのですが?

 

A.ご安心ください。領収書の整理も、当社の基本サービスの範囲に含まれております。

 

Q.郵送した領収書はいつ返却されるのですか?

 

A.お預りした領収書は、決算終了後に全て日付順にファイリングした上で返却いたします。

 

Q.現金出納帳は作成してもらえるのですか?

 

A.現金出納帳はもちろん、売上帳・仕入帳・預金出納帳・経費帳等につきましても作成いたします。

 

Q.領収書や請求書等は原本を郵送しなければいけないのですか?

 

A.当社でファイリングまで行うため、ほとんどの書類については原本を送っていただくことが必要です。

 

支払いなどの業務に必要なものについては、コピーをとってお客様に保存いただくことになりますが、業務の流れに応じて対応いたしますのでご相談ください。

 

Q.毎月の帳票をEXCEL形式やPDF形式で受取れますか?

 

A.はい。ご希望があればお届けいたします。

 

そのようなお客様も多くいらしゃいますのでご相談ください。こちらも基本サービスに含まれております。

よくある質問 サポート・その他について

Q.決算時の税務申告は依頼できますか?

 

A.はい、税務申告書類の作成および提出については、私たち税理士の業務となりますので安心してお任せください。

 

特に確定申告の時期には、所得税・消費税の申告手続などを行う方が多いことに便乗して、税理士でない人【にせ税理士】が申告書の作成などを請け負うことがあります。

 

このような【にせ税理士】にはご注意ください。

 

納税者からの依頼を受けて行う税務代理、税務書類の作成及び税務相談の業務は税理士業務とされ、これらの業務を行うことができるのは、税理士、税理士法人、国税局長に通知をした弁護士及び弁護士法人に限られています。

 

その他の個人や法人が税理士業務を行うと、税理士法第52条違反として罰せられることになります。

 

税理士でないのに税理士業務を行っている、いわゆる【にせ税理士】に税理士業務を依頼した場合、不測の損害を受けたり、あとあとまで税務上のトラブルの原因となるおそれもありますので、ご注意ください。

 

資格を有し日本税理士会連合会に備える税理士名簿への登録を受けた税理士は、日本税理士会連合会が発行する税理士証票を持っています。

 

税理士であるかどうか確認する場合には、税理士証票のほか、日本税理士会連合会に電話で問い合わせることもできます。

 

Q.データの管理は心配ないのですか?

 

A.会計業務・税務申告業務のあらゆる過程で、考えられる情報セキュリティを徹底いたします。

 

お客様が安心して書類を預けられる環境を構築するとともに、会計業務データ・税務申告データ・個人情報保護について、安全で確実に管理・運用することを心がけております。

 

Q.すごく経理が苦手なのですが?

 

A.ご安心ください。記帳代行サービスの開始時に、お客様とお電話で十分に打合せのうえ、ご不明な点につきましても、お客様が納得するまで説明させていただいております。

 

経理の経験がないお客様に対しましても、記帳代行サービスの提供できるよう想定しておりますので、お客様に経理経験等の状況をお聞きしたうえで、徐々に慣れていただけるようにわかりやすくサポートさせていただきます。

 

Q.記帳代行サービス開始後の質問はどうしたらいいの?

 

A.フリーダイヤルでのお電話・Eメールによるお客様からの質問を随時受付けています。

 

原則24時間以内にお答えいたしますのでお気軽にお問合せください。

フリーダイヤル メールでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。