記帳代行de確定申告.com 群馬県太田市の税理士

フリーダイヤル メールでのお問合せは24時間受付中です。

消費税のコラムのページ一覧

消費税コラム-事業開始から2年間納税義務免除が対策されるの?
事業を開始してから始めの2年間は、多くの事業主は消費税の納税義務者でないことから納税義務が免除されてました。今後は、小規模事業者に対する納税義務の免除要件が厳しくなり課税強化の方向になります。では、ど...
消費税コラム-消費税の中間申告は複雑?
消費税の中間申告が必要な事業者消費税の課税期間が3か月を超える課税事業者は、直前期の確定消費税額の金額次第で消費税の中間申告を行う必要があります。中間申告の回数と税額直前期の消費税額が年額48万円以下...
消費税コラム-消費税の確定申告と還付申告
消費税の課税事業者(基準期間の課税売上高が1千万円超の事業者)は、課税期間の末日の翌日から2か月以内に、所轄税務署長に対し確定申告書を提出し消費税を納付しなければなりません。消費税の課税期間は、個人事...
消費税コラム-輸出免税で消費税還付を受ける場合の必要書類
日本から物・サービスを輸出した際に、消費税は還付されますがその際の必要書類についてご紹介します。物・サービスの消費に課される消費税については、物・サービスが消費される国において課税するとの考えから輸出...
消費税コラム-輸出入取引と消費税
輸出入取引を行なう事業者にとって、貿易条件に関する知識は欠かせません。この貿易条件に関して、国際取引慣習として普遍的に使用されている標準的取引条件の解釈に関する規則があります。これが、インターナショナ...
消費税コラム-法人設立時の資本金1,000万円未満と納税義務免除
法人を設立するには、平成18年5月の会社法施行日前までは、株式会社の設立には、資本金1,000万円が必要でした(もっとも資本金の多寡にかかわらず、確認株式会社の設立も可能でしたが)。有限会社より株式会...
消費税コラム-支払った消費税が全額控除できない場合?
消費税の課税売上割合が95%未満の場合は仕入控除税額が制限消費税の確定申告にあたり原則課税方式を選択している場合は、課税売上割合(課税売上と非課税売上の合計に占める課税売上の割合)が95%以上であれば...