記帳代行de確定申告.com 群馬県太田市の税理士

フリーダイヤル メールでのお問合せは24時間受付中です。

所得税コラム-生命保険控除額の計算式(平成24年)

実際に生命保険料控除額を計算してみよう

前回は、新しい生命保険料控除制度の概要について触れました。

 

今回は、実際の控除額を計算する方法について取り上げてみます。

 

計算には旧制度と新制度の2種類がある

計算式には、平成23年12月31日以前の旧制度と、平成24年1月1日以後の新制度の2つがあります。

 

旧制度の計算式
支払った旧保険料を、一般の旧生命保険料と旧個人年金保険料に区分し、その区分したそれぞれについて計算した金額。

25,000円以下の場合 支払旧保険料の全額
25,000超50,000円以下 支払旧保険料の2分の1+12,500円
50,000超100,000円以下 支払旧保険料の4分の1+25,000円
100,000円超 50,000円

新制度の計算式
支払った新保険料を一般の新生命保険料と新個人年金保険料と介護医療保険料に区分し、その区分したそれぞれについて計算した金額。

20,000円以下の場合 支払新保険料の全額
20,000超40,000円以下 支払新保険料の2分の1+10,000円
40,000超80,000円以下 支払新保険料の4分の1+20,000円
80,000円超 40,000円

実例を用いて生命保険料控除額を計算する

例 旧生命保険料120,000円と旧個人年金保険料120,000円、介護医療保険料に96,000円支払っている場合

 

生命保険と個人年金保険は、共に旧制度の計算式から100,000円超の場合ですのでそれぞれ50,000円となります。(計100,000円)

 

介護医療保険料は、新制度の計算式から80,000円超ですので40,000円となります。

 

合計額は140,000円となりますがここで注意点があります。

 

生命保険料控除金額は最大で120,000円までというルールですので、結果120,000円となります。

 

お役立ち情報について

当サイトの記事は、掲載当時の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。

 

税制改正により記事の内容と異なる取扱いになることもありますのでご注意ください。

 

記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは限りません。

 

ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。

税理士が提供するお役立ち情報

面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する記帳代行de確定申告ドットコムです。

 

群馬県太田市より久保田会計事務所がお送りするお役立ち情報です。

 

事業主の日常に関わる情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。

 

なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

フリーダイヤル メールでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。