記帳代行de確定申告.com 群馬県太田市の税理士

フリーダイヤル メールでのお問合せは24時間受付中です。

所得税コラム-復興特別所得税の創設

平成25年1月1日から上乗せの復興特別所得税とは

東日本大震災からの復興のための施策を実施するため、所得税は平成25年から平成49年までの25年間、現行の税率に一定の割合が上乗せされます。

 

復興特別所得税が上乗せされるケースで主なものが、確定申告の時期と給与等の源泉徴収が挙げられます。

 

ですので、平成26年3月15日期限の所得税確定申告と、平成25年1月1日からの給与等からの源泉徴収時には間違いがないか注意が必要です。

 

確定申告にかかる復興特別所得税の税率引き上げ

所得税を納める義務がある個人は、その年分の所得税額に2.1%の税率を乗じて計算した復興特別所得税を所得税と併せて納付することとなります。

 

なお、課税対象期間は平成25年分から平成49年分までとなります。

 

ですので、平成26年3月申告から平成50年3月申告までです。

 

所得税を納める義務がある個人ですから、所得税0円の個人事業については課税されません。

 

源泉徴収にかかる復興特別所得税の税率引き上げ

所得税の源泉徴収義務者は、平成25年1月1日から平成49年12月31日まで源泉所得税を徴収する際に、復興特別所得税を併せて徴収し源泉所得税の法定納期限までに国に納付することになります。

 

ですので、給与等については平成25年分以後の源泉徴収税額表に基づき、所得税と復興特別所得税の合計額を徴収することとなります。

 

給与等にかかる源泉徴収の具体例

給与が月額300,000円 扶養1人の場合
平成24年12月31日以前の場合 → 毎月6,600円
平成25年1月1日以後の場合  → 毎月6,740円
となります。

 

お役立ち情報について

当サイトの記事は、掲載当時の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。

 

税制改正により記事の内容と異なる取扱いになることもありますのでご注意ください。

 

記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは限りません。

 

ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。

税理士が提供するお役立ち情報

面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する記帳代行de確定申告ドットコムです。

 

群馬県太田市より久保田会計事務所がお送りするお役立ち情報です。

 

事業主の日常に関わる情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。

 

なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

フリーダイヤル メールでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。