記帳代行de確定申告.com 群馬県太田市の税理士

フリーダイヤル メールでのお問合せは24時間受付中です。

税金対策・税務調査コラム-出張時の日当や宿泊費は経費にできるの?

仕事で遠方へ出張がある場合は、交通費や宿泊費などがかかります。

 

このような出張でかかる費用はいったい経費にできるのでしょうか?

 

一定の要件を満たす場合、出張時の日当や宿泊費を経費とすることができます。

 

出張時の日当・宿泊費はどうすれば経費処理できるの

 

経費処理するための要件とは、会社に旅費規程を設けることです。

 

これにより、日当が支給される側の役員や社員も給与として課税されないことになります。

 

宿泊費も同様に会社側は経費処理することができるのです。

 

 

旅費規程を設ける際のポイントは?

 

旅費規程のポイントは3つあります。

 

ポイントの1つ目は、役員・従業員ごとに支給額にバランスが保たれた一定金額が設定されていることです。

 

代表者→その他役員→従業員の順に、支給金額にバランスがとれているかという意味です。

 

旅費規程作成のポイント2

 

第2のポイントは、会社と同じ業種、同じ規模の他社と比べた場合、支給額が妥当であること。

 

同業種で同規模の他社のことなんてわからないと思いますが、ここではあまりに度がすぎた金額でないことがポイントです。

 

旅費規程作成のポイント3

 

最後に、旅費規程を作成し運用する場合、旅費の清算書、出張の届出書、報告書を提出してもらうことも大事です。

 

これらは実際に出張があったことを証明する書類となりますので、税務調査の際になどにも確認される書類だと考えられます。

 

今回は、出張時の日当・宿泊費等を経費にするために必要なことについてでした。

 

お役立ち情報について

当サイトの記事は、掲載当時の法令にしたがい細心の注意を払って掲載しております。

 

税制改正により記事の内容と異なる取扱いになることもありますのでご注意ください。

 

記事は、一般的な事例を掲載しているにすぎず、すべての納税者のケースに該当するとは限りません。

 

ですから、当サイトの記事により派生した、いかなるトラブルにおいてもその責任は負いかねます。

税理士が提供するお役立ち情報

面倒な日々の記帳・経理でお悩みの事業主の方に記帳代行サービスを提供する記帳代行de確定申告ドットコムです。

 

群馬県太田市より久保田会計事務所がお送りするお役立ち情報です。

 

事業主の日常に関わる情報をコラム形式にて掲載していきたいと思います。

 

なるべく内容を簡単に、そして読みやすいように心がけて作成したお役立ち情報です。

フリーダイヤル メールでのお問合せはこちらにて24時間受付中です。